エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Activity

CANADA

CALGARY

2018.02.05

製造過程から学ぶ熱き情熱 カルガリーのクラフトビール

© Big Rock Brewery

寒い季節だって関係ない!ビールファンなら真冬だろうが雪山だろうが、年中キンキンに冷えたビールは大歓迎!そんなツワモノはぜひカルガリーへ。カルガリーはマイクロブリュワリーの宝庫。いくつもの醸造所があり、地元発のクラフトビールが多いことで知られる。
 

© Big Rock Brewery

カルガリーにおけるビールの歴史は1892年にさかのぼる。バッファローの絵をあしらった「カルガリービール」はアルバータ州最古の醸造所として知られ、海外にも輸出されていた。それから約100年後の1993年には州法が変わり酒類製造業の規制が緩和されたことにより、多くのマイクロブリュワリー(小さな醸造所)が誕生することになる。もちろん、その前にもさまざまな壁を乗り越えてオープンした醸造所はあった。が、近年一気に増えたカルガリー産ビールは、カナダビールを語るのに不可欠の存在になっている。もちろん、カルガリーを訪れたならその旅を数倍にも楽しいものにしてくれることは間違いない。なにしろいくつものブリュワリーツアーがあり、工場を見学しつつ味見をすることができるのだ。
 

© Big Rock Brewery

さらに一歩踏み込んでじっくりビールのことを学びたくなったら、「ビッグロック・ブリュワリー」へ。カルガリー発のクラフトビールの中では1985年創業とちょっと先輩株。ビールのバラエティが認められていなかった時代に業を煮やしたビールファンのひとり、エド・マクナリー氏によって創業された。とにかくうまいビールを!という情熱に突き動かされたのである。初めての商品化当時の「トラディショナル」をはじめ、10の異なる銘柄を製造するこのブリュワリーは見学することができ、ビールの製造過程を学ぶことが可能。創業者の熱き想いが形になった、その様子を目の当たりにしてからのビールは一味違うにちがいない。

東京からカルガリーまでエア・カナダ直行便で約12時間。

● ビッグロック・ブリュワリー(英語):https://bigrockbeer.com/

カルガリー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop