エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

World Heritage

LATIN AMERICA

SAO PAULO

2017.12.01

これ以上自然が失われないために… 大西洋岸森林南東部の保護区群

世界遺産はもともと自然や歴史建造物などを保護する目的でつくられたもの。だがブラジルの「大西洋岸森林南東部の保護区群」にはちょっと切羽詰まったイメージがある。なにしろ、人類が守りたいと願ったこのエリアの原生林はもとの姿と比べわずか8%しか残っていないのだ。
 
広大な国土にアマゾンやパンタナール、イグアスなどの驚くべき大自然に満ちたブラジル。パラナ州からサンパウロ州にかけて47ヘクタール超におよぶエリアにある国立公園や州立公園など25の保護区が自然遺産に認定されている。保護区であるため、ここはもともと自然豊か。だがこの自然はもとからある姿ではない。
1500年にポルトガル人がやってきて、その支配は1822年まで続いた。そのころまでには先住民であるインディオはほぼ絶滅したといい、ブラジルは木材や砂糖の貿易で栄え多くの人々が移り住み、土地の姿はだんだんと変わっていった。手つかずだった原生林は人が住みやすいようにと手を加えた結果、元からその地に生息していた動植物のわずか8%が残るのみとなってしまった。その主要なエリアだけでも47ヘクタールというのだから、かつてはいかに緑豊かだったか想像に難くない。
 
世界遺産認定はそのわずかに残った動物相や植物相を守るためのもの。といっても、約5万5000種にものぼる植物、哺乳類なら120種以上、そして昆虫類は約1500万種にも数えられ、世界に類を見ない豊かな生態系をなしている。中には絶滅危惧種も多く含まれており、それらの繁殖にはこの先の保護活動に期待がもたれる。
保護区群には個人所有の土地も含まれているというが、国立公園や州立公園のいくつかは観光客も訪れることができる。マメ科やフトモモ科の植物、ホエザルやコンゴウインコなどの動物が見られるトレイル、巨大な洞窟など見どころはたくさん。たったの8%とは信じられないくらいの豊かさに、むしろ人類が壊してしまった残りの92%がどれほど莫大な損失であったかを感じることができるかもしれない。

東京からトロントまでエア・カナダ直行便で約12時間、乗り換えてサンパウロまで約10時間。

● ブラジル政府観光局エンブラツール公式サイト(英語):http://visitbrasil.com/en/

サンパウロ行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop