エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

World Heritage

AMERICA

SAN FRANCISCO

2016.07.04

広大!雄大!感動! 一生に一度は行きたい、ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園

©Visit Califolnia

アメリカを代表する都市、サンフランシスコから車でわずか3時間半。全面積3,082平方キロメートル、東京都がまるまるすっぽりと収まってしまうほどの広さのヨセミテ国立公園が世界自然遺産に登録されたのは1984年のこと。米国初の世界遺産イエローストーン国立公園が認定された1978年に比べるとだいぶ遅くなってからの認定のように見えるが、実は米国内での自然保護活動が重要視されるきっかけとなり、今もその先駆的な存在となっている。

ヨセミテ国立公園

©Visit California

ヨセミテ国立公園の見どころは多岐にわたる。シエラネバダ山脈の西側にあり、雄大な山々の景色と、ほとんどが先史時代から変わらない原生林という大自然。そこに棲むたくさんの動物たちなど、まさに地上の楽園である。動植物相の豊かさはアメリカ随一といっても過言ではなく、数百種にものぼる脊椎動物が住んでおり、多くが保護の対象だ。だがこうなるまでには長い道のりがあったという。

ヨセミテ国立公園

©Visit California

ヨーロッパからの入植者がやってくるまで、ヨセミテはアメリカ先住民たちの土地だった。いくつかの部族が住んでおり、ある部族の言葉から「ヨセミテ」と名付けられたのだという。意味はなんと「殺し屋」。凶暴な対立部族をミウォク族がそう呼んだのだそうだが、この土地に名前をつけた人はどうやら別の意味と勘違いしていたらしい。そんなヨセミテが国立公園に指定されたのは1890年のこと。観光客の増加や乱開発が始まりつつあった中、スコットランド出身の博物学者ジョン・ミューアによってヨセミテの地形の重要性などが説かれ、次第に自然保護の機運が高まってくる。しかしながら、国立公園に指定されて以降も観光客向けに自然破壊を伴うアトラクションができたり、ダム建設の話が持ち上がったりと、ヨセミテの自然は何度となく破壊の危機にさらされる。その都度ミューアをはじめとする環境保護派によって守られてきたのである。

それでも地球上の自然環境が変わってきたことにより、保護動物たちの中には絶滅してしまったものもいるというが、今ではヨセミテ国立公園を自然でないカタチに開発しようという動きは皆無である。

東京からバンクーバーまでエア・カナダ直行便で約9時間、乗り換えてサンフランシスコまで約2時間30分

●ヨセミテ国立公園(英語):https://www.nps.gov/yose/index.htm

サンフランシスコ行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop