エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

World Heritage

CANADA

OTTAWA

2016.01.05

もっともっと寒くなれ!世界一長いスケートリンク リドー運河

東海岸側が今年はちょっと温かい。例年の厳しい寒さを想うとうれしいような気がするが、そうとばかりも言えない。なにしろ世界遺産・リドー運河は「世界一長いスケートリンク」としてギネスブックにも掲載されているのだから。記録保持者は今年も健在だろうか?気になるところだ。

world_heritage_1601_01

©Destination Canada

全長202㎞にわたってオンタリオ州キングストンから首都オタワまでを結ぶリドー運河。1832年に完成したリドー運河は当時、先とローレンス川に頼っていた軍事物資輸送ルートのバイパスとして建設されたもので、現在も水門などが当時のままの姿で遺され、現役で活躍している。その歴史的価値のため2007年に世界遺産に認定されたのだが、実は2005年には「世界一長いスケートリンク」としてギネスブックにも登録されている。
11月後半から4月ごろまで、完全に凍りつき自然のスケートリンクとなるリドー運河。その全長は7.8㎞と、確かにスケートリンクとしてはとんでもなく大きいスケールだ。そのうえそれは電気などの力を一切借りていない、自然のもの。運河が完全に凍るというその寒さにも驚きだ。

world_heritage_1601_02

©Destination Canada

リドー運河のスケートリンクは「リドー運河 スケートウェイ(もはや「リンク」ではなくて「ウェイ(道)」!)」としてナショナル・キャピタル・コミッションによって運営されている。カナダでは冬場、ショッピングモールや個人宅の庭など多くの場所にスケートリンクが設置されるが、リドー運河もそのひとつとしてすでに定着。入場は無料で、ところどころに靴を履き替える小屋や軽食のショップが設営されるなど自然にできたスケート場ながら気軽に訪れ遊ぶことができるのが魅力だ。12月中旬には気温が19度をマークするという異常気象もあり、今年はオープンが遅れているが、専用ウェブサイトから氷の状況を確認することができるので、ここを毎日のようにチェックしている人もいるはず。シューズのレンタルもあるので、旅行者でもぜひ「ギネス&世界遺産でスケート」を楽しみたい。

world_heritage_1601_03

©Destination Canada

東京からトロントまでエア・カナダの直行便で約11時間50分。国内線に乗り換えてオタワまで約1時間。

●オンタリオ州観光情報(オンタリオスタイル):http://www.ontariostyle.com/
●リドー運河のコンディション(英語):http://rcs.ncc-ccn.ca/#home

オタワ行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop