エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

World Heritage

CANADA

CALGARY

2015.05.01

悠久の時に想いを巡らせ 州立恐竜公園

world_heritage_1505_01

©Tourism Alberta

土に触れつつ目を閉じる。目の前に広がる景色の中を、悠々と巨大な身体で地上を闊歩する恐竜たち――。アルバータ州立恐竜公園には世界でも類を見ないほど多くの恐竜化石が見つかっており、今も地中に未発見の恐竜が眠っている。もしかすると世紀の大発見ができるかも?

トリケラトプスにステゴサウルス、ブロントサウルス(アパトサウルス?)にプテラノドン、そしてやっぱり人気はティラノサウルス? 子どものころに恐竜図鑑を暗記するほど眺めた人にとって、この公園はまさにあこがれの場所ではないだろうか。なにしろここで化石として見つかった恐竜は40種類、卵からまさに孵化する直前のものや恐竜が集団で行動していたことを裏付けるように一か所から一度にたくさんの骨が見つかったりと、これまでの説を覆し、真実を解明する大発見が次々とあるのである。
そんな発見をもし、自分ですることができたら? 考えるだけでもわくわくしてしまいそうだが、この恐竜公園ではガイドの案内とともに自分で化石を発掘できる3日間の発掘ツアーも開催されている。

world_heritage_1505_02

©Tourism Alberta

前出の孵化寸前の化石の発見も、女子高生が見つけた卵の殻の破片がきっかけだったというし、石灰岩で柔らかいため雨によって浸食がすすんだ土壌に恐竜の骨がむき出しになっているところもあるという。つまり今でも誰かがものすごい大発見をする可能性を秘めているということで、もしかすると恐竜図鑑に新たなページを増やすその張本人になれるかもしれない。
当然のことながら現代には現代の生物が生息しており、キャンプやトレッキングをしていたらひょっこり出合うことも。夜にはかつて恐竜たちも見上げたであろう満天の星空が広がる。キャンプファイヤーを囲みつつ太古から現代までの地上生物の変遷に想いを馳せるなんてロマンチックである。

world_heritage_1505_03

©Tourism Alberta

東京からカルガリーまでエア・カナダ直行便で約9時間40分。カルガリーから恐竜公園までは車で2時間。

●アルバータ州観光公社:http://www.travelalberta.jp/

カルガリー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

pagetop