エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

World Heritage

CANADA

YELLOWKNIFE

2014.03.03

豪快に飛行機で移動 水上アクティビティも

world_heritage_1305_01

©Destination Canada

オーロラ鑑賞で知られるノースウェスト準州の西の果て、ナハニ国立公園はカナダで初めての世界自然遺産。そのスペクタクルな自然に入り込む道はなく、アクセスは空からに限られる。それがゆえ、手つかずのリアルなワイルドライフに触れることができるのだ。

ナハニ国立公園の歴史は、1972年、当時のカナダ首相、ピエール・トルドーがエリア一帯を国立公園にしたことに始まる。「ナハニ」とは先住民の言葉で、「精神」を意味するといい、スピリチュアルな印象のあるこの地は6年後にはカナダで初めての自然遺産に認定されたのである。ちなみに、世界遺産条約の正式発効は1975年で、最初に12の世界遺産が登録されたのが78年。つまりナハニ国立公園はアメリカのイエローストーン国立公園やガラパゴス諸島などとともに、世界遺産第一期生に名を連ねている。
温泉あり、山塊ありの豊かな地勢や野生動物を求めてハイキングやトレッキングをする人も多いが、ここではまずヘリコプターをチャーターしてでかけるのが一般的。なにしろ、道路によるアクセスがなく、空、もしくは川からしかたどり着くことができない秘境なのだ。

world_heritage_1305_02

©Destination Canada

先住民デネの村で公園のビジターセンターがあるフォート・シンプソンでチャーター機を手配したら、公園の好きな場所に降り立ち、ハイキングするもよし、登山もよし、キャンプもよし。さまざまなアクティビティに恵まれている。急流や湖も多く、水上アクティビティもさかん。中でも落差90メートルの崖から勢いよく流れ落ちるヴァージニア・フォールズは滝壺側から滝を眺めながらのピクニックが可能で、ここを目的に訪れる人も多い。もちろん、ヘリコプターで上空から俯瞰するのも一興だ。また、クリ湖畔にはロッジもあり、屋内で宿泊することができる。オーロラが鑑賞できれば、湖面に反射する様子が見られるかもしれない。水上飛行機で湖や川をめざし、景色を楽しみつつ川下り、行きついた場所でキャンプというワイルドなアクティビティも人気だ。帰りももちろん水上飛行機で。水上から発着する飛行機体験もおもしろいのではないだろうか。

world_heritage_1305_03

©Destination Canada

東京からカルガリーまでエア・カナダの直行便で約9時間40分。国内線に乗り換えてイエローナイフまで約2時間30分。さらに乗り換えてフォート・シンプソンまでは約1時間10分。

●ノースウェスト準州観光情報URL:http://spectacularnwt.com/

カルガリー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop