エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

AMERICA

SEATTLE

2018.01.15

実はみんな大好きオタク文化? 20周年を迎えたオタクの祭典 Sakura-Con

© Sakura-Con

日本が誇るサブカルチャーといえば、“オタク”。近年でこそおしゃれでエキゾチック(?)な趣味として世界から注目されているが、20年も前からその楽しさを伝え広めてきたイベントがアメリカにある。本気のコスプレイヤーが集結するカルチャーイベント、Sakura-Conが、今年もアツい。
 

© Sakura-Con

“オタク”はしばしば英語で「nerd」と訳されるが、この単語にはネガティブな意味もある。日本でもかつて「オタク」という言葉はネガティブに、あるいは自嘲気味に使われていた時代があった。オタクはこっそりとひとり楽しむものであり、ひた隠しにする人もいたことだろう。だがいつの間にか、彼らは外へ出て好きなものをコスプレという形で表現するようになった。好きなアニメキャラクターに扮する、それだけのものだが、高いエンターテイメント性がありいつの日かひとつの文化にまで昇華したのだ。
……なんていうゴタクはどうでもよくて、やっぱり参加すればおもしろい、コスプレフェスティバル。ワシントン州コンベンションセンターで開催される北西太平洋最大のアニオタイベント「Sakura-Con」は2017年に20周年を迎えた、歴史あるフェスティバルだ。参加人数はなんと2万人を超えるという人気ぶりで、今年も盛況が予想される。
 

© Sakura-Con

主催するのはアジアの文化、特にアニメや漫画、ゲームといったサブカルチャーを北米に伝える活動をするNPOの「The Asia-Northwest Cultural Education Association (ANCEA)」。Sakura-Conは彼らが主催するイベントの中でも最も古く、ANCEAの会員約2万3000人が3日間にわたって結集する大規模なものだ。コスプレはもちろん、カラオケやマスコットコンテスト、超難問アニメクイズ大会など、プログラムもバラエティに富んでいる。もちろん、コンテストに参加しない人だってコスプレ姿。家族全員でコスプレをしている人、やたらと完成度の高い人など、ただ見ているだけで十分楽しめそうだ。
これだけの大規模イベントでありながら、Sakura-Con(ANCEA)は完全にボランティアによって運営されている。そのため、参加するには会員権を購入する必要がある。18歳未満では保護者の同意も必要。ネットで申込が可能なので、出かける際は事前手配を忘れずに。今年は3月30日から4月1日までの開催。今から準備すれば、きっと衣装もばっちり間に合う!

東京からバンクーバーまでエア・カナダ直行便で約9時間、乗り換えてシアトルまで50分弱。

● Sakura-Con公式サイト(英語):http://sakuracon.org/

シアトル行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop