エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

AMERICA

LAS VEGAS

2016.10.04

クリスマスはさらにキラキラ!イベント盛りだくさんのラスベガス

las-vegas-2_01

© Sam Morris/Las Vegas News Bureau

ピラミッドにスフィンクス、エッフェル塔まで立ち並び、驚くほど巨大できらびやかなホテルの数々。そんなラスベガスの街が、さらに輝くとき――それは、なんといってもクリスマスシーズン!クリスマスツリーの彩りもさることながら、特別なイベントが盛りだくさんだ。

いつでもなにかしらイベントが開催されているのがラスベガス。年中クリスマスのようにネオンが輝き、いつでもお祭り騒ぎ、のようなイメージだが、そんなラスベガスでもクリスマスはやっぱり特別。ちょうど11月の24日(※2016年。ちなみに、カナダの感謝祭は10月)サンクスギビングが終わったころから一気にクリスマスモードに突入する。
やはり楽しいのはクリスマスイルミネーション。ただでさえキラキラのラスベガスが、巨大なツリーも加わって大変なにぎわいに。大型施設がそれぞれツリーやイルミネーションに趣向を凝らすのは毎年のお楽しみ。アメリカでは一般家庭でもクリスマスデコレーションに余念がないが、ラスベガスのキラキラぶりはまさにアメリカ!である。また、ベラッジオ噴水のクリスマスをイメージした光と水のショーもラスベガスらしいクリスマスの演出だ。

 

las-vegas-2_02

© Sam Morris/Las Vegas News Bureau

ツリーだけではなく、ラスベガスのクリスマスといえばコスモポリタンホテルのスケートリンクが毎年お目見えするもののひとつ。4階の屋外プールがスケートリンクとして使用されるが、ここからはストリップ地区の夜景を眺めながらのスケートが楽しめる。また、街がサンタクロースで埋め尽くされる「サンタクロース・ラン」は、参加するのも応援するのも楽しそうなこのシーズンならではのイベントだ。
スタッフがクリスマスを祝うことができるよう、ショーやレストランなどでも24日、25日はお休みという場合があるものの、さすがラスベガス、通常営業しているお店も多数あるので安心だ。クリスマス後には大晦日に新年を祝う盛大な花火が打ち上げられるなど、ますますお祭り気分が高まる。クリスマスシーズンはラスベガスが1年で最も華やぐ季節なのである。

東京からバンクーバーまでエア・カナダ直行便で約9時間、乗り換えてラスベガスまで約3時間。

●ラスベガス観光局公式サイト:http://www.lasvegas.com/ja/

ラスベガス行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約