エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

CANADA

VANCOUVER

2016.03.01

自分で作ればなおウマい! 何でも作れるU Brew

このところ世界的に人気を博すクラフトビール。日本ではピルスナーが圧倒的に人気が高いというが、このところ専門店もどんどん増え、手に入りやすくなったこともありファンが増えている。究極に自分好みのビールを追い求めるのはカナダでも同じ。今、自作のビールが人気だ。

destination_canada_1603_01

©Terminal City Brewing

「クラフト」とは「手作りの工芸品」のことをさす。クラフトビールとはつまり手作りビールのこと。近年ではマイクロブリュワリー流行りということもあり、クラフトビールの品ぞろえはまさに百花繚乱。苦みがばしっと効いたもの、フルーティでさわやかなものと、ひとつひとつが個性的だ。お店の中でオリジナルビールを製造するパブなどもあり、ビール好きならついあれもこれもと試してみたくなることだろう。 そんなふうに究極のMy Beerを求めてさまようくらいなら、いっそ自分で作ってしまえばいいじゃないの。という人が多いのか、バンクーバーでは自分でビールを醸造することができる「U Brew」が人気だ。ダウンタウンだけでなく、郊外にまで足を延ばせば自分の味を作れる醸造所が10軒以上も見つかる。醸造所自体がより取り見取りなのだ。

destination_canada_1603_02

©Terminal City Brewing

中でも老舗は、Terminal City Brewing。かつてWest Coast U Brewという名で1993年にオープン。名を変えた今も長年通うファンで人気を博しており、「バンクーバーでNo.1」を自負する。醸造のプロによって丁寧にやり方を教えてもらいつつ、自分好みのビールをつくる。エールからラガー、ピルスナーなど好みに合わせてホップの調合を変えたり、ときにはスパイスを入れたり。仕込みから仕上がりまでは発酵期間を入れて2週間程度。ボトルは持参するもよし、こちらで購入するもよし。購入するボトルは再利用可能なもので、環境にもやさしい。ワインの製造もできるというから、とにかくオリジナルテイストにこだわる人にはおすすめ。クラフトならではの楽しみがあるうえ、48リットルで150ドル程度と、ふつうにバーなどの店でビールを買うより安く済むというのも大きな魅力。飲みすぎに注意したい。

destination_canada_1603_03

©Terminal City Brewing

東京からバンクーバーまでエア・カナダの直行便で約9時間、または大阪から約9時間半(関空~バンクーバー線は2016年5月15日~10月29日まで就航)。

●Terminal City Brewing(英語):http://www.tcbrewing.com/

 

バンクーバー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop