エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

AMERICA

LAS VEGAS

2015.05.01

ジップラインでベガスの街を俯瞰しよう エキサイティングな新アトラクション

america_1505_01

©Las Vegas News Bureau

ネオンサインとカジノ、ショービズに高級ホテルの数々ときらびやかなラスベガス。さまざまなアトラクションの中、絶叫マシンも充実。昨年相次いでオープンした綱渡り的なアトラクション、ジップラインが人気だ。街並みを見下ろしつつの滑空だなんて、興奮まちがいなし!

ラスベガスになにしに行く?かつては「カジノ!」という答えが多かったかもしれないが、今は人々の目的は実に多様化している。有名歌手のコンサートやラスベガスでしか見られないスペクタクル・ショーの数々、そして絶叫マシン!とにかく町全体がアミューズメントパークのようにアトラクションづくしのラスベガスに、昨年加わったのはVoodooジップライン。ジップラインというと二つの建物に綱を渡し、その高低差を利用して滑車つきの乗り物などで滑空するアトラクションだが、Voodooジップラインは往復も楽しめるそう。地上からの高さ150m、全長260mのビル間を時速約53km(33マイル)で滑空する。シートベルトつきとはいえこの高さとスピードを考えるとスリル満点だ。

america_1505_02

©Las Vegas News Bureau

もうひとつ、昨年オープンしたのはSlotZilla。こちらはダウンタウンより少し離れたフリーモントストリートにあり、このアーケード街上空をスーパーマンのように滑空するアトラクションだ。もちろん、ちゃんとハーネスによって固定された滑車を用いるのだが、ここでは全長570mという長距離。アーケードを歩く人々も思わず見上げてしまうことだろう。高いほうと低いほうの2種類がある。
これらのジップラインは、もちろん利用するのにさまざまな規制がある。身長や体重のほか、深夜まで営業しているVoodooでは乗り場のエリアがバー営業を始めるため、夜間の21歳未満の利用ができないなど。事前によくチェックしてからでかけることをお勧めする。

america_1505_03

©Las Vegas News Bureau

バンクーバーまでエア・カナダの直行便で成田から約8時間半、大阪から約9時間半(関空~バンクーバー線は2015年5月2日~2015年10月24日まで就航)。乗り換えてラスベガスまで約3時間。

●ラスベガス観光局:http://www.visitlasvegas.jp/

ラスベガス行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約