エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

LATIN AMERICA

BUENOS AIRES

2013.12.02

良質のワインを求めて アルゼンチン ワインルートをゆく

世界5位の生産量を誇るワインカントリー、アルゼンチン。広大な土地には北はサルタ州から南部パタゴニアまで、ワインの生産地が点在する。山々の雄大な姿をながめつつワイナリーめぐりはいかが? ワイナリー周辺にはホテルやレストランなども充実している。

ワインは北半球、それもヨーロッパの一部の国でのみ作られたものばかりが評価されてきたが、近年では良質のワインがほかの地域で次々と生産され、そんなイメージを覆している。南半球産のワインもしかり。中でもアルゼンチンは世界第5位の生産量を誇り、南米産のワインの評価を一気に高め存在感のあるワインカントリーとなっている。

北はサルタ州のカルチャキエス渓谷を出発し、アルゼンチン南端に近いパタゴニアのチュブット州まで、10州数千㎞という広大な範囲にわたりワインの生産地が広がっており、これを「ワインルート」と呼ぶ人もいる。
うち、代表的な産地はアルゼンチン中部のメンドーサ。15万ヘクタールの土地に1,000を超えるワイナリーが集中しており、アルゼンチンで最も多くのワイナリーが点在する。また世界8大ワイン産地にも認定されており、マルベック種発祥の地としても世界的にその名を知られた、アルゼンチンワインのメッカである。

このエリア、遠くアンデス山脈を望む絶景と、スキーやスノーボードのほかトレッキングやロッククライミングなどバラエティに富んだアクティビティを体験できることもあり、メンドーサはワインカントリーきっての観光地でもある。かわいらしいブティックホテルや土地の美食を提供するレストランなども数多く、のんびりと農園を訪れるだけでも大きな楽しみとなることはうけあい。だが世界のワインファンなら3月の第一週に開催されるブドウ収穫祭にでかけるのがおすすめだ。

1936年から開催されているといい、音楽やダンスなど伝統芸能を楽しめるほか、ミス・ワインコンテストも。それぞれのワイナリーで郷土料理とともにワインを楽しむイベントも開催されており、ワイン好きにはたまらない、華やかで楽しい恒例イベントとなっている。

これだけでなく、まだまだ知られざるワイン産地が多いアルゼンチン。希少種や高級ワインを求めて、ワインルートを旅するのもおもしろそうだ。

ブエノスアイレスまではまずエア・カナダ直行便で東京からトロントまで11時間50分、乗り換えて13時間45分。

●メルコスール観光局公式サイト:http://www.mercosur.jp/
●アルゼンチン観光情報(英語):http://www.argentina.travel/

ブエノスアイレス行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop