エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

CANADA

VANCOUVER

2013.11.01

カウントダウンイベント盛りだくさん カナダで迎えるお正月

destination_canada_1311_01

©Tourism Whistler

3、2、1……Happy New Year!! 一斉に鳴り響くクラッカーと音楽、誰もが笑顔で新年を喜び合うカウントダウンイベント。毎年大晦日になるとバーやレストランなどいたるところで行われ、盛り上がるのはカナダも同じ。今年はカナディアンとともに楽しい年末年始はいかが?

大晦日やお正月は家族でしっとり。という人が多いのが日本だが、カナダをはじめ欧米諸国ではクリスマスが家族イベント、年末年始は友達とパーティ! という傾向が強い。家で静かに行く年を送りくる年を祝うという日本の伝統に対し、大晦日は外出してわいわいにぎやかに年始を迎える。花火が打ち上げられたり特別なショーが開催される都市もあり、カウントダウンは冬のホリデーシーズンをアツく盛り上げる素材のひとつとなっている。もちろんそれはカナダでも同じ。大晦日にカナダにいればどこへ行ってもなにかしらカウントダウンイベントに遭遇するだろう。
いかにもカナダらしいカウントダウンイベントは、バンクーバーのダウンタウンで開催される「アーリー・カウントダウン」。広大なカナダでは5つのタイムゾーンがあり、もっとも早く年が明けるのは東海岸側のノバスコシア州で、バンクーバーのある西海岸側より5時間も早い。つまりバンクーバー時間の夜7時にはノバスコシアでは「Happy New Year!!」とシャンパンをあけて盛り上がったりしているわけである。そんなタイムゾーンに合わせてバンクーバーでも早い時間にカウントダウンを始めてしまおう、というのがこのイベントの趣旨。ちょうどオンタリオ州でカウントダウンがはじまる夜の9時ごろ、そして実際にバンクーバーでの夜の12時と何度もカウントダウンをするというイベントだ。

destination_canada_1311_02

©Tourism Whistler / Mike Crane

これ、実はカウントダウンの時間まで起きていられない小さな子どものために考案されたのだそう。新年を迎える高揚感を子どもにも味わわせてあげたい! と願う親心がぎっちりつまったファミリーイベントなのだ。
ガラコンサートやバーなどで開催されることが多いカウントダウン、確かにあまり子ども向けではないものが多い。とはいえ、子連れで行けるイベントもちゃんと準備されている。ウィスラー・コンファレンス・センターで開催される「ファーストナイト・ウィスラー」では家族で楽しめるストリートパフォーマンスやライブなどが会場のあちこちで行われ、チケット制とはいえ毎年とても盛況。家族向けのためアルコール類の販売がされないという徹底ぶりだが、ほかの子どももいるので子どもたちには楽しいことこの上ないだろう。
バンクーバーでも「ファーストナイト」は開催される。こちらはダウンタウンにある屋内外の会場でやはりパフォーマンスなどを楽しむというもので、誰でも気軽に楽しめる。カウントダウンまでは楽しめなくとも、うきうきした大晦日の雰囲気は十分味わえるのでおすすめだ。
年末年始に日本を抜け出す予定なら、お祭り騒ぎに乗じて現地の人と盛り上がろう。バンクーバーでは大晦日、夕方の5時以降は公共の交通機関が無料になるとのことなので、パーティのはしごもいいかもしれない。

destination_canada_1311_03

©Destination BC

成田空港からバンクーバーまでエア・カナダ直行便で8時間50分。

●ブリティッシュ・コロンビア州観光局:http://www.hellobc.jp/

バンクーバー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop