エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

CANADA

OTHERS

2013.10.01

チームワークで優勝を狙え!真剣勝負スノーバトルが恒例行事に

destination_canada_1310_01

一面真っ白な雪原に、プロテクターで完全防備した人々が互いの動きを探るようにじっと対峙する。きんと張り詰めた空気の中、合図とともに始まったのは……なんと雪合戦!ジャスパーで11月の最後の週に開催されるSnow Battle-Yukigassenはアツく戦う大人のための真剣勝負だ。

10月に入ると山を覆っていた黄葉も終わり、雪がだんだん本格的に降り始める、カナディアンロッキー。世界遺産にも認定されているジャスパー国立公園内の特別都市、ジャスパーも緑豊かな森林の風景から一面真っ白な雪景色へと衣装替え。スキーやスノーボードなど、夏場とは違う新たなお楽しみシーズンの到来だ。
ウィンタースポーツはそれだけじゃない! とばかりに2012年に立ち上げられたのが、「Canadian Rockies Snow Battle – Yukigassen」。サブタイトルにもあるように、雪合戦の大会イベントである。
雪合戦といえば、子どもの頃に雪が降るといつの間にかその辺で遊んでいた近所の子ども同士で雪の投げ合いが始まる、あのほのぼのとした雪遊び……と思うなかれ。ジャスパーのそれはまさしくバトル!という真剣勝負である。
まず、参加資格からして「年齢18歳以上」とあり、子どものお遊びではないことがうかがえる。また、フルフェイスマスクつきのヘルメット着用が義務付けられており、本気度も想像に難くない。なにしろ雪玉とはいえ大の大人が力いっぱい投げるのである。なかなかの衝撃が予想され、顔に当たろうものならしもやけになってしまうかもしれないのだ。鼻や頬が赤くなってひりひりするのは女性でなくとも避けたいところだろう。

destination_canada_1310_02

気になるルールだが、まずは補欠2人を含む9人までのチームで申し込む。このとき、アイスホッケーで使われる安全基準を満たしたフルフェイスヘルメットを持参する。もちろん、開催時期の11月下旬にはジャスパーはすでに真冬なのでスキーウエアや防水のオーバーオールなど防寒と防水を念頭に入れた服装が望ましい。
実際にプレーをするのは7人で、1回3分の3回戦のうち敵チームの雪玉を身体に受けることなく相手方の旗を奪取すれば勝ちだ。1回のゲームで使われる雪玉は90個。雪玉は製造マシンによってつくられるので、ちゃんと大会基準に合ったフェアな雪玉でプレーすることができる。
試合開始の合図とともに陣地を飛び出し、身をひるがえしては飛んでくる雪玉をよけ、向かってくる相手に雪玉を投げつつ旗を目指して猛ダッシュ。もちろん、自分の旗も守らなければならいので、綿密に作戦を練っておく必要がありそうだ。
「公式ルールブック」も作成され、実にオーガナイズされたイベント。もしかしたらそのうち冬季オリンピックの公式種目になるかも?という期待が込められているかどうかは別として、今後5年間はジャスパーで開催されるという。今年の開催は11月23日と24日に決定。参加申し込みは締め切られてしまったが、見物に行くだけでも十分楽しそうだ。

destination_canada_1310_03

成田空港からカルガリーまでエア・カナダ直行便で9時間40分。そこからジャスパーまで車で約3時間。

●アルバータ州観光公社:http://www.travelalberta.jp/
●Canadian Rockies Snow Battle:http://www.jasper.travel/snowbattle

カルガリー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop