エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Tourist Spot

CANADA

VANCOUVER

2013.02.01

春がまっさきに訪れるバンクーバー 花盛りの春カナダへ

destination_canada_1302_01

春先まで深い雪に覆われているイメージのカナダ。特殊な気候ゆえ雪が降らないバンクーバーでは春の訪れをカナダで一番早く感じられる。一斉に花々が咲き始め、春色に塗り替えられた街は歩くだけで心がうきうき。公園やガーデンめぐりで春のカナダを満喫しよう。

日本地図に照らし合わせてみると北海道よりも北に位置するのがカナダ。冬季オリンピックの開催地としてよく知られているほか、町なかにすらスケートリンクが登場することからもわかるとおり、とても寒くて雪も多い印象があるのではないだろうか。そう、それだけ寒いところなのだから、春の訪れも遅いはず……?

そんなカナダにおいて、例外的に温暖な気候なのがブリティッシュ・コロンビア州。中でも沿岸部は「西岸海洋性気候」といって暖流などの影響を受け、また湿潤気候でもあり冬場は雪よりも雨が多い。ほかの州では雪解けまであと一息、という3月でもBC州では春の花々が息吹きだし、中旬にもなれば満開に。一足早く春の気分を味わうことができる。

春の訪れがカナダで最も早いといわれているのはBC州の州都でもあるバンクーバー島のビクトリア。島内で最南端に位置しているためさらに温暖な気候で知られ、バンクーバーから日帰りでも訪れることができる人気の観光地だ。22ヘクタールにもおよぶ広大な庭園、ブッチャート・ガーデンはビクトリア観光の目玉でもあり、シーズンに合わせて植え替えられるので年を通じてさまざまな花が咲き乱れる。春の見どころは薫り高い水仙と色とりどりのチューリップ。その数、なんと25万株以上というから、まさに花に囲まれての散歩が楽しめる。

destination_canada_1302_02

バンクーバーのバン・デューセン植物園もまた、世界の花々が見られる公園として名高い。もとはゴルフ場だったというだけあり、22ヘクタールの広大な敷地を誇る。六大陸から集められたという植物はなんと7,500種。春はクロッカスやスプリングヒースといった春先の花々に始まり、めずらしいブルーポピーや金色に輝くトンネルのようなラバーナム(キフジ)の小路などユニークな植物が目白押しだ。わざわざこの時期を選んで目当ての花を見に来る人も多いといい、同植物園の名物にもなっている。

小高い丘の上にあるクイーン・エリザベス公園は、花々の美しさもさることながらバンクーバーを一望するその眺望のよさでも知られている。公園の入場が無料なため、晴れた日などはお弁当を持ってピクニックに訪れるのもいい。桜も多数植えられているので、お花見というのもいいかも? カナダでは公共の場での飲酒は法律で禁止されているので、ご注意を!

たくさんの雨に育まれ、長くなってくる陽に照らされて鮮やかな色合いを増す緑、芳しい香りをまとって華やぐ春の花々の間を散歩するだけで、心も踊る。春のカナダはすぐそこだ。

destination_canada_1302_03

成田空港からBC州バンクーバーまではエア・カナダ直行便で8時間55分。

●BC州観光局公式サイト:http://www.hellobc.jp

バンクーバー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop