エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Restaurant

CANADA

QUEBEC

2019.10.01

日本人の板前によるハイエンドなお寿司屋さんが大人気

© Jun I

モントリオールのグルメ事情を紹介する記事に、このところ寿司屋が目立つようになってきた。もはやSashimiがなんだかわからない人が少なくなってきたこのご時世、すばらしいフランス料理で知られる街にもSushiブームが押し寄せているのだ。中でも『Jun I』の人気はダントツだ。
 

© Jun I

日本食のブームが世界的であることはたびたびここでも話題にしているが、ブームが起これば当然のことながら日本食の進化形ともいえる“なんちゃって和食”も登場する。バンクーバーロールのようにローカルフード化するものもあり、たとえ“なんちゃって”であってもバカにしたものではない。
食の都・モントリオールにもその和食ブームはやってきて、今やいくつもの寿司屋がオープンし人気を博している。カジュアルでリーズナブルなものもあり、モントリオールにおいても寿司は珍しい食べ物ではなくなっているのである。
そんな中、寿司専門店の『Jun I』ではホンモノが味わえるとして特に人気を博す。シェフ、いや板前は京都出身のJunichi Ikematsu氏。日本のすし屋のようにバーカウンター越しに彼が寿司を握る様子が見られる。
 

© Jun I

幼少の頃から母の立つキッチンが最も好きな場所であったというIkematsu氏。長じて彼は皿洗いから料理屋での修行をはじめたが、それは師匠の所作を見よう見まねで学ぶ、日本古来のスタイルであったそう。年月をかけ、洋食のレストランでの修行を経て、自分の名を冠した店を持つまでになったIkematsu氏が選んだ場所はモントリオール。カナダきってのグルメタウンと呼び声も高い土地である。
メニューを見ると、多くがUnagiやUniといったように、多くが日本語をローマ字で表記(もちろん、英語やフランス語でそれがなにかを併記してあるが)しているところからも、寿司がどれだけポピュラーかわかるというもの。寿司の味に慣れた料理評論家たちをうならせ、常にモントリオールでの和食ランキングでトップとの評価を得ている『Jun I』。カナダの新鮮な魚介を味わうチャンスでもあるので、一度は訪れてみたいものである。

東京からモントリオールまでエア・カナダ直行便で12時間15分。

● Jun I(英語):http://www.juni.ca/index_en.html

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約