エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Hotel

AMERICA

BOSTON

2017.03.01

都会の喧騒から離れて 食を楽しむために泊まる宿

© Windham Hill Inn

アメリカ合衆国第五の都市で、歴史と伝統の学園都市、ボストン。ビジネスや勉強の合間にぜひ訪れたいのが、お隣バーモント州。車で片道2時間ほどの、ボストンからの日帰り旅行の定番だが、自然豊かなのどかな林の中にたたずむこのお料理自慢の宿にはぜひ宿泊したい。
 

© Windham Hill Inn

あたりは一面の緑。遠くに山々を眺め、夜になれば満天の星空。そんなのどかな風景が最高のリゾート、ウィンダム・ヒル・イン。だがここはホテルであるにもかかわらず11月から7月のローシーズンには月曜日と火曜日がお休み、4月の半ばから5月の1週目までは全館がお休みになってしまうという、なんだかかなりのんびりな営業だ。たった21室という小規模なブティックホテルだが、実はすばらしいホテルやレストランだけが加盟できる「ルレ・エ・シャトー」のメンバーとなっており、瀟洒なインテリアなどもさることながらレストランが高い評価を受けているという。なるほど、レストランを主体に考えるとローシーズンにお休みがあるのもなんとなく納得できるというもの。なにしろこのレストランは旬の食材を楽しむことを信条としているのだ。
 

© Windham Hill Inn

メニューにはたとえば冬場ならホタテにヘーゼルナッツとオレンジのソースとか、冬野菜のサラダにはクルミとリンゴのドレッシングとか、旬の食材にフルーツやナッツ類を合わせたものが多い。その内容はしょっちゅう変わるので、きっと何度でも足を運んでみたくなるにちがいない。朝食も3コースだというので、やはり日帰りよりも朝食まで楽しんでいきたいもの。そのために1泊コースで訪れるのもよさそうだ。
もちろん、付近にはスキーをはじめゴルフやテニス、トレッキングなどたくさんの自然派アクティビティに充ちているので、1泊といわず何泊でも滞在を楽しめるだろう。毎日、今夜の食事はどんなだろう、明日の朝食は・・・とうっとりと楽しい夢想にふけってみよう。きっとこれもこの宿ならではのアクティビティのひとつに違いないのだから。

ウィンダム・ヒル・イン外観

© Windham Hill Inn

ウィンダム・ヒル・イン池

© Windham Hill Inn

ウィンダム・ヒル・イン庭

© Windham Hill Inn

東京からトロントまでエア・カナダ直行便で約12時間、乗り換えてボストンまで約1時間30分。

●ウィンダム・ヒル・イン(英語):http://www.windhamhill.com/

ボストン行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop