エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Hotel

CANADA

VANCOUVER

2016.01.05

まるでひとつの村! 素敵なガーデンのリゾート ヘイスティングス・リゾート

where_to_stay_1601_01

©Hastings House

春の訪れが待ち遠しい今日この頃。カナダで春の訪れをいち早く感じるのなら、ソルトスプリング島へ! 小さな島ながら見どころの多いこの島では、のんびり別荘ライフを堪能したい。まるでリゾート自体がのどかなひとつの村のようなホテルで、春の花々を愛でよう。

バンクーバーとバンクーバー島の間にあるガルフ諸島の中で最も大きいソルトスプリング島は、人口1万人ほどのコミュニティでありながら世界的に知られた観光地だ。19世紀半ばの奴隷解放によりカリフォルニアなどからアフリカ系アメリカ人の入植者が訪れたという歴史があるが、それにはここでは奴隷制が廃止される20年も前に奴隷制を廃止したという背景がある。その前に先住民がいたこともなかったようで、19世紀前半には主にイギリスから、そしてハワイなどからの移民もこの地にやってきた。誰をも平等に受け入れる姿勢は当時珍しかったに違いない。
1937年、新婚だったイギリス人建築家のウォーレン・ヘイスティングスは妻とともにソルトスプリングにやってきた。新天地でも懐かしい我が家のように、と3年後の1940年、彼は11世紀からある彼のサセックスの実家によく似た家を建てた。

where_to_stay_1601_02

©Hastings House

家が完成するまでヘイスティングス家が住んでいたのは、付近にあったかわいらしいファームハウス。それを含め、納屋などその周辺にあった建物を活かして作られたのが、現在のヘイスティングス・リゾートだ。それぞれかつての建物の特徴を活かしており、のんびりと田舎ステイを楽しめるよう工夫されている。敷地内はグリーンと花々に彩られ、ホテルの中というよりも小さな村のよう。穏やかな気候のなか、海を眺めつつこんな風景の中を散歩すれば、創設者ウォーレンが「世界で一番美しいところ」と称したその気持ちに共感するに違いない。
スパや豪華なダイニングをも備えており、かなり優雅に過ごすことができるのもうれしいところ。島でのアクティビティだけでなく、リゾート自体も楽しみたい。

where_to_stay_1601_03

©Hastings House

東京からバンクーバーまでエア・カナダの直行便で約8時間半。乗り継いで国内線でソルトスプリング島まで35分。

●Hastings House(英語):http://www.hastingshouse.com/

バンクーバー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop