エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Hotel

LATIN AMERICA

OTHERS

2015.12.01

上質のホテル、とはまさにこのこと サスカチュワン随一と評判のホテル ジェームズ・ホテル

where_to_stay_1512_01

©Tablet Hotels

カナダ中西部のサスカチュワン州。あまりなじみのない旅先ではあるが、ここにしかない超クールなホテルが魅力だ。代々続くファミリーによって運営されている今年創業80周年を迎えたブティックホテル「ジェームズ・ホテル」は、ホスピタリティの高さで知られている。

where_to_stay_1512_02

©Tablet Hotels

サスカチュワン州の主要都市、サスカトゥーン。1883年に初めて入植者がやってきて開拓をはじめ、1903年より徐々に町の体をなし1906年に市制が敷かれた。ちょうどそのころ、幼少のジェームズ・ピーター・ライエルは家族に連れられ移民としてロシアからやってくる。長じた彼はこの地に心休まる宿泊所を建設、それが現在のジェームズ・ホテルである。
創立は1935年。ちょうどカナダは大不況に見舞われていたころで、それにもかかわらずサスカトゥーンの街にはカナディアン・ナショナル鉄道によって豪奢なホテル・ベスボローが建設された。時を同じくして建設されたジェームズ・ホテルは、果たして家族経営のその温かなもてなしが高く評価され、現代まで所有者が変わることなく三代目の当主によって運営されている。

where_to_stay_1512_03

©Tablet Hotels

モダンかつ洗練されたインテリアを見る限り、創業80周年を迎えるホテルとは思えないが、常に利便性と居心地のよさを追求し、都度リノベーションを繰り返して今に至る。クラシックなライムストーンの床にサウスサスカチュワン川渓谷の美しさをヒントにシックにまとめられたロビーバー、木目のあたたかみを残しつつすっきりと現代風のインテリアにキッチンなどを備え、まるで自宅にいるかのようなくつろぎを与えてくれるスイートルームなど、都会的でありながらゆったりと過ごすことができるところが大きな魅力だ。
予約は19歳以上から、ということもあり、静かな大人の環境であることもうれしいところ。空間を楽しみたい人におすすめだ。

東京からバンクーバーまでエア・カナダの直行便で約8時間半。国内線に乗り継いでサスカトゥーンまで1時間55分。

●The James Hotel(英語):http://thejameshotel.ca/
●ジェームズ・ホテル(日本語、タブレットホテルズサイト):
https://www.tablethotels.jp/The-James-Hotel-Saskatoon/Saskatoon-Hotels-Saskatchewan-Canada/116755
●Tablet Hotels:http://www.tablethotels.jp 03-5772-6284(平日10時〜17時)

バンクーバー行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop