エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Hotel

CANADA

TORONTO

2015.11.02

セレブ御用達の隠れ家ホテル ティールームでほっと一息 ウィンザーアームスホテル

where_to_stay_1511_01

©Shie Iwasa

「英国の某超有名ミュージシャン氏はいつもこちらのお部屋をご指定なさいます」。世界中のセレブたちがトロントに来たときの定宿にする、隠れ家的ホテルといえばウィンザー・アームス。チャリティの方法もゴージャスで、さすがセレブホテル!とうなること必至だ。

旅先では静かにゆったり過ごしたいもの。ビジネスでもレジャーでも、旅の疲れを癒し”我が家”となるホテルは重要な役割を占める。大都会でありながらのんびりムードが人気のトロントでもそれは同じこと。いいホテルを見つけることは仕事も遊びも充実して楽しく過ごすための大切なポイントだ。
大学が近くにあるため学生が集い常に新しいカルチャーが生み出されるブロアー通りからちょっと奥まったところにあるウィンザー・アームスは1927年にトロント大学をはじめとする付近一帯のネオゴシック建築に調和する美しいホテル・レジデンツとして建設された。どっしりと重厚な雰囲気はその外観だけでもすばらしく、ヴィクトリア時代のヨーロッパを彷彿させる。そこに。1966年、レストランやカフェ、ナイトクラブなどが併設されるとウィンザー・アームスはトロントきってのグルメスポットとして人気を博するようになる。だが近年ここに足を運ぶ人々の多くはティールームがお目当てだ。

where_to_stay_1511_02

©Shie Iwasa

メインエントランスを入ってすぐ、目に飛び込んでくるのはこぢんまりとしたロビー。ふと横に目を転ずれば、たくさんのゴージャスな帽子がかかったハンガーがある。これは同ホテル併設のカフェ、「The Tea Room」の擁するユニークなサービスのひとつ。英国の伝統では美しく飾り立ててアフタヌーンティーを楽しむ習慣があるが、それにならって素敵なデザインの帽子を貸し出している。これはガンに苦しむ女性のための慈善事業であり、帽子をかぶるのには5ドルを支払う。そのお金はすべて「Look good Feel Better」という団体に寄付される。せっかくこの豪華なティールームに来たのなら、おしゃれをして挑みたい。そんな人々の気持ちをくみつつほかの誰かの役にも立つという試みなのだ。
このホテルを定宿にするセレブは数多いが、それはやはり専用バトラーサービスによる隅々まで行き届いたサービスのせいだろう。どこもかしこも洗練された一流ホテルである。

where_to_stay_1511_03

©Shie Iwasa

東京からトロントまでエア・カナダの直行便で約12時間。

●ウィンザーアームスホテル(英語):http://www.windsorarmshotel.com/

トロント行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

pagetop