エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Hotel

CANADA

MONTREAL

AMERICA

BOSTON

2014.08.01

まるで動くホテル クラシカルなクルーズ船 ホーランド・アメリカ・ライン

where_to_stay_1408_01

©Holland America Line

140年以上の歴史を持ち、これまでに数多くのアワードを受賞してきたクルーズでカナダを巡ってみてはいかがだろう。カナダ⇔ニューイングランドのクルーズは7泊から。クラシカルなインテリアの中、免税店や映画館も完備のホテル以上の設備を誇るゴージャスクルーズだ。

モントリオールを出港し、ケベック・シティ、セントローレンス湾、プリンスエドワード島、シドニー、ハリファックスなどに寄港、そして米・ボストンへ。北米への入植者たちの歴史を垣間見、ベルーガなどの動物を眺めつつフランス料理に舌鼓。そんなぜいたくな旅を実現してくれるのが、ホーランド・アメリカ・ラインのカナダ&ニューイングランドルートだ。

where_to_stay_1408_02

©Holland America Line

寄港地では早朝に入港して夕方出港するため、観光などの時間も充分。巨大な船内はチーク材を使ったデッキ、美術品やアンティークで飾られたインテリアでクラシカルな趣。インストラクターが常駐するジム、ヨーロッパスタイルのスパ、高級免税店、映画館、カジノ、ディスコと施設はもはやホテル以上の規模だ。

吹き抜けの豪華なダイニングではフランス料理からベジタリアンメニュー等、豊富なバリエーションをご用意。2名のゲストに対しほぼ1名のクルーが乗船しているので、サービスも至れり尽くせりだ。

これだけの体験と宿泊が一緒にできるのがやはりクルーズ船のいいところ。昼間はしっかり観光し、夕刻以降は船内で思い思いに過ごすことができるうえに、眠っている間に次の目的地に着いてしまうという時間配分のよさは、忙しい現代の旅行者にもぴったりマッチしたスタイルではないだろうか。1週間でばっちり旅行も宿泊もエンジョイできるクルーズ船。ボストンから逆ルートでカナダへ、というコースもあり、途中で下船することも可能なのでスケジュールに応じて楽しみたい。

where_to_stay_1408_03

©Holland America Line

東京からトロントまでエア・カナダの直行便で約 12時間。乗り継いでモントリオールまで約1時間15分。

● ホーランド・アメリカ・ライン
http://www.hollandamerica.com/cruise-destinations/canada-new-england-cruises

モントリオール行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop