エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Hotel

CANADA

OTHERS

2014.04.10

夏のオーロラを楽しもう 食も楽しみな自然派イン イン・オン・ザ・レイク

where_to_stay_1404_01

©Daniel Matrache

雄大なユーコン川でカヤックやパドルボート遊び、釣りやオーロラ鑑賞にマウンテンバイクでサイクリング……と大自然の中での遊びをあげたらきりがないのがユーコン準州。そんな極北の楽しみを思う存分満喫するなら、料理自慢の湖上のホテルはいかがだろう。

実は夏場でもオーロラ鑑賞ができることはもうご存じの人も多いかもしれない。ユーコン準州もまた、自然派アクティビティのほかにオーロラ鑑賞地のひとつとして知られている。

ユーコン準州の州都であるホワイトホースから車でわずか30分の距離にあるイン・オン・ザ・レイクはまさに湖上に浮かぶかのようなロケーションが自慢だ。いくつかの部屋は目前のマーシュ湖を望み、室内にいながらにしてオーロラ鑑賞をすることも可能。氷の張っていない湖上に映るオーロラを飽きるほど眺めることができるのがうれしい。もっとも、外に出たほうが逃さず見ることができるので、部屋はあまり関係がないかもしれない。

where_to_stay_1404_02

©Inn on the lake

いつ、どの方向に、どんなカメラで、といった細かい質問も気軽にスタッフに相談することができ、オーロラ鑑賞を目的に行くのなら満足のいく滞在ができるだろう。

実は主人のカーソン氏はかつて料理人として腕をふるったこともあるといい、この宿は料理自慢でもある。日替わりの3コースメニューは地元の食材をふんだんに使い、ユーコンらしい野性味あふれる旬のものが並ぶ。ディナータイムは19時からと決まっているが、宿への到着が遅れるなどしても対応してくれるのは、小規模でアットホームな宿ならでは。自炊が可能な部屋もあるが、やはりここは主人の手料理を楽しみにでかけたい。

日本人の利用客が多かったことから、日本人の好みを理解しようと日本人経営の地元ガイド会社に相談を重ねたという親日的な宿でもあり、言葉の心配などがある人でも気軽に訪れることができそうだ。
ユーコン川下りにオーロラに、土地のごちそう。なんとも贅沢な滞在ではないだろうか。

where_to_stay_1404_03

©Daniel Matrache

東京からバンクーバーまでエア・カナダの直行便で約8時間50分。国内線に乗り換えてホワイトホースまで2時間30分。

●イン・オン・ザ・レイク日本語サイト:http://www.innonthelake.auroranavi.com/
●ユーコン準州観光局:http://yukonjapan.jp/

ホワイトホース行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop