エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Restaurant

CANADA

CALGARY

2019.06.03

肉活中のあなたに!地元の味を追求するレストラン

© The Bison

お肉大好き、“肉活”に励む人々にとって、狩猟肉は最高のごちそう。日本でもイノシシやシカなどのジビエはあるものの、それほど気軽に口にできるものではない。だが大自然大国カナダでは、ジビエが“日常”という街もある。最高の肉をいただきたければ、バンフへ!
 

© The Bison

スキーやスノーボード、温泉にハイキングと年を通じて自然とたわむれる遊びがいっぱいのバンフ。ここでのお楽しみはアウトドアだけでなく、レストランでのダインアウトも重要なアクティビティのひとつだ。“肉活”におすすめのレストランは数あれど、店名からしてすでに肉々しいのが「The Bison」。オープンエアのテラスあり、ライブ音楽ありのカジュアルなダイニングだが、実は並みならぬこだわりの店として地元でも愛されている。
そのこだわりとは、地産の食材を使うこと。契約ファームより旬の野菜などを仕入れることで究極の新鮮さと地産地消を実現する。そして、この土地でのローカルミートといえばバイソン。運が良ければハイキングなどでうっかり遭遇することもある、あの巨大な野牛である。
 
といっても、1885年以降、約130年にもわたりバイソンが見られなかったバンフ国立公園。2017年に野生に戻す試みがなされ、別の場所で保護されていた16頭が再びバンフ国立公園にリリースされたばかり。そもそも絶滅の危機に瀕していたのも狩猟が原因であったことがわかっているため、The Bisonでも使用するバイソンは近隣のファームで育てられたもの。厳密にいえばジビエではないが、バイソンはまぎれもなく“土地の味”ゆえ、慎重に選ばれたファームからの肉を使用しているという。いずれ「バンフの味」に再びワイルドなバイソンが安定的に戻ってくるその日まで、The Bisonが土地の文化と伝統を守り続けるのだ。

東京からカルガリーまでエア・カナダ直行便で約9時間40分。

● The Bison:https://www.thebison.ca/

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約