サイトクローズのお知らせ:

エア・カナダ クラブサイトをご利用いただきありがとうございます。本サイトは2019年12月26日(木)正午をもちまして閉鎖することとなりました。
なおエア・カナダの情報はエア・カナダ 公式サイトでご覧いただけます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Activity

CANADA

CALGARY

2019.12.02

ミステリアスなパープルスカイ オーロラにライバル出現か?

© Travel Alberta / Mital Patel

空にはとかく神秘的なものが現れるもの。虹しかり、彩雲しかり、そして冬場は特にオーロラが人々の目を楽しませる。だがこのところ、紫色に輝く「スティーブ」なる謎の発光体が発見され、新たな夜空のエンターテイメントの登場に科学者たちも沸いている。
 

© Travel Alberta / Paul Zizka

“それ”が発見されたのはほんの偶然であった。アルバータ州でオーロラ観測をするアマチュアグループによって撮影された、紫色(ときには緑色のこともある)に弧を描く発光体。撮影したのは「アルバータ・オーロラ・チェイサーズ(Alberta Aurora Chasers)」、日本語に訳すと「アルバータ・オーロラ追っかけ隊」とでもいおうか、オーロラオタクの撮影集団である。撮影当初彼らはこれも紫色のオーロラだと思っていたが、写真を見た科学者によってオーロラとは異なると指摘されて発見にいたった。
オーロラの出現率が高いオーロラベルトよりも南部(南半球側では北部)でよく観られること、紫色を基調としていること、出現時間が20分から1時間程度と短いこと、冬場には観測されないことなど、科学者たちはたちどころにその特徴を突き止める。さらに詳しい研究がなされ、現在ではどのような条件下で出現するかまである程度わかっている。
 
この発光体、「スティーブSTEVE」と命名されたのだが、それは最初に発見した人物の名前……ではなくて、「Strong Thermal Emission from Velocity Enhancement(=速度向上による強い熱放射)」の頭文字をとってつけられたものだ。命名者はNASAで、所属の研究者が考えたものを正式採用したものである。
ところで、スティーブが出現するときには必ずオーロラも出現するのだそう。オーロラ姫とセットなのはフィリップ王子、とディズニーアニメ映画では決まっているが、これからはスティーブの時代到来か? ……とはならず、オーロラが出ているからといって必ずスティーブも現れるかというとそうではないらしい。まだまだ研究の余地があるスティーブだが、その神秘的な姿を一度は見てみたいものである。

東京からカルガリーまでエア・カナダ直行便で9時間40分。

● アルバータ州政府観光局:https://www.travelalberta.com/jp/

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約