エア・カナダ【日本】旅の情報サイト「エア・カナダクラブ」ロゴ

WHAT TO DO

なにをする?

おすすめの観光スポット・ホテル・世界遺産など
旬な旅のスポットをご紹介

Activity

CANADA

TORONTO

2018.08.07

カナダの“おいしい”は東部にあり?「東部グルメ街道」をいこう

© Shie Iwasa

グルマンとしては旅先に求めるものはその土地ならではのおいしさ。カナダには特産品が多く、どこへ行っても満足の食事が楽しめるグルメ大国だ。そんなおいしいものだけをめぐって旅をするのなら東部がおすすめ。特産品の宝庫が結集する「東部グルメ街道」に注目だ。
 

© Shie Iwasa

数々のアワードに輝いたワインにサーモンや甲殻類などのシーフード、薫り高くやさしい甘さのメープルシロップ……。旅先ではそんなカナダならではのごちそうを心行くまで楽しみたい、いや、むしろそのためだけにカナダに行きたい! おいしいものを効率よくめぐるには……? 『東部グルメ街道』をゆくのがいい。
“街道”といってもひとつの長い道路につけられた名前というわけではないが、おいしいものをめぐるための“鉄板ルート”は存在する。たとえば、トロントからナイアガラを経てロレンシャン高原を通過しつつ、ケベックへ――。風光明媚なドライブルートだが、このあたりはワインとメープルシロップの郷としても知られる。旅の目的はほかにあったとしても、いつの間にかグルメ探訪の旅になってしまうことは請け合いだ。
 

© Shie Iwasa

オンタリオ州内ではやはりカナダワインの生産地を巡りたい。甘いデザートワインのアイスワインがよく知られるが、もちろんほかのワインもすばらしい。中には国際コンクールで賞を獲った、なんていうワイナリーも少なくないため、どのワイナリーを訪れるかなやましいところだ。
オタワからケベック州方面に車を走らせればそこはメープルシロップの郷。9月ごろには見事な紅葉も見られ、観光ルートとしても人気が高いが、その紅葉している木々そのものが、サトウカエデ、メープルシロップの原料となる木なのである。メープルシロップが作られるのは3月ごろだが、シロップをふんだんに用いた料理を、年を通じてふるまう観光農園も多いので、景色を楽しみつつメープルを楽しみたい。
そのままプリンスエドワード島方面へ。海が近づいてくるにつれ、ロブスターや牡蠣などの高級食材が名物に。シーフードフェスティバルなど特産品に特化したグルメアクティビティも豊富なので、そのシーズンを狙っていくのがおもしろそう。ワインからデザートまでなにもかもが揃うこの東部グルメ街道、自分で運転してきままにのんびりドライブしたい。

東京からトロントまでエア・カナダ直行便で約11時間。

● オンタリオ州観光情報『オンタリオスタイル』:http://www.ontariostyle.com/

トロント行き
正規割引航空券はこちら

  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • googlePlusアイコン
  • linkedinアイコン

フライト・航空券を探す

ticket

空席照会予約

FEATURES

特集サイト

  • place_01

    「エア・カナダ ルージュ 関空-バンクーバー便」特設サイト

  • place_01

    「クイーンの休日。春カナダ」サイト

  • place_01

    「アメリカ行くなら、エア・カナダ」特設サイト

pagetop