AIR CANADA
main_img
だからエア・カナダ!
page_title02
くつろぎのフライトタイム

カナダを代表するフラッグ・キャリアとして、毎年3,800万人を運ぶエア・カナダ。
フライトサービスの向上に日々励み続け、乗客が選ぶ「北米の国際線ベストエアライン」賞のほか、数々の受賞歴を誇ります。
全席にタッチスクリーン式テレビをご用意。
映画やテレビ番組、スポーツ、ゲームなど数々のコンテンツをオンデマンドでお楽しみいただけ、
長旅に不慣れなお子さまにも退屈をさせません。
ストレスを軽減するゆとりあるシート、またお手元の電源コンセントではノートパソコンや携帯電話などの電気機器の充電も行えます。
思い思いのフライトタイムをお過ごしください。

充実のエコノミー
シートにゆとりを持たせ“くつろげる”エコノミーに

全座席に装備されたタッチスクリーン式テレビをゆったりと観賞できる、ゆとりあるシートを体感してみてください。
シートピッチは業界屈指の最大81センチで設計され、シート幅も47センチと通常のエコノミークラスよりも広め。また、調整可能なヘッドレストなどシート本体も細部にまでくつろぎを追求しており、機内食もゆっくりとお楽しみいただけます。
国際線のスピリッツおよびノンアルコール飲料は無料ですので、お食事と一緒にどうぞ。その他、時差ボケ解消のムード照明も搭載しています。

img_economy_01 img_economy_02 img_economy_03
至福の国際線ビジネスクラス
プライベート感抜群。個室感覚で過ごす空の旅

すべて通路席となる国際線ビジネスクラスは、個室感覚で過ごせる贅沢な空間をご提供しています。
心のこもった極上のおもてなしとタッチスクリーン式テレビを楽しんだ後は、フルフラットベッドでの睡眠をどうぞ。アームチェアーとレッグレストが、ボタンひとつで全長191cm・肩幅79cmのフルフラットベッドに早変わりします。
機内食はカナダ料理、アジア風料理、懐石スタイル日本料理の計3種類からお選びください。レストランのように1品ずつサーブいたします。メニューは3カ月ごとに更新され、内容も本格的と評価を頂いています。
数々の賞に輝く種類豊富なワインセレクションも、お楽しみください。ワインリストは、世界的ワインコンサルタントのケン・チェイス氏の手によるもの。メルボルン大学でワイン醸造学とブドウ栽培学を学んだ専門家ならではの、ワンランク上のテイストをご提供します。
多彩に揃えたデザートや、随時軽食をとれる「セカンドミールサービス」も好評です。その他のサービスとしては、「メープルリーフ・ラウンジ」の利用が可能。各種ドリンクや軽食、新聞、雑誌などの無料提供もあり。

img_executive_01 img_executive_02
column
エア・カナダを体験!実録レポート
温かな機内食がうれしい

出発から到着までの長時間、機内でどのように過ごせばいいか気になる…という方もいるかもしれません。実際にエア・カナダを利用してカナダへ向かった取材班が、本当のところをこっそりレポートしちゃいます。
まずは機内食。メインは2種類からチョイス可能で、常に1種類は和風を取り入れることになっているようです。食事は温かく、これは好印象。味付けはどことなく日本のものとは違うアクセントがあり、海外への旅が始まったんだ…と感じさせてくれます。美味しいです。
カナダ到着前の朝食も、和洋から選べるのが嬉しい。また、ドリンクはアルコール、ソフトドリンク、お茶類各種あり、ワインまでも用意されているのはさすがです。

img_column_l_01
くつろぎタイムを活用して

そんな空の旅の楽しみの一つである機内食以外では、やはりエア・カナダが誇るタッチスクリーン式モニターは活躍しました。早送りや巻き戻し、一時停止も自由なので、ちょっと眠くなったら一時停止、起きたら再生、ちょっとお手洗いに行くから一時停止、戻ったら再生、という具合に、まるで自宅でくつろいでいるかのように使えます。
座席の電源を利用して電子機器も使えますので、電波を出さないアイテムなら持ち込んで使えちゃいます。電子機器に限らず、読み損なっていた上下巻の小説とか、自分なりのアイテムを持ち込むのもおすすめです。リラックスして楽しめると思います。
意外な楽しみとしては、英語の機内誌。眺めているだけでセレブ感がじんわり、旅気分が高揚してきます。英語の得意な方なら、思わぬ情報を見つけられるかも!?

  • img_column_r_01
  • img_column_r_02
航空券予約